読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

†魔狼の黙示録†

厨二臭いだろ~?いや、タイトル意味ないんだ。

ご無沙汰してたら3月

いやーもう3月ですか。時の流れとは無情なものだ…

季節はめぐり、またこの季節がやってきた。

澄んだ空気、白い吐息、悴む指先、この季節が来るたびに君のことを思い出す。

時折見せてくれた優しい笑顔、それが見られないと思うと、

狂おしい気持ちになる。触れることも、話すことも今はできない。

あの暖かかった日々はどこへ行ってしまったのだろうか。

愛、それは時に美しく、時に人を狂わせる 

君と過ごした、幾つもの夜、瞼を閉じれば、色褪せない思い出が

今も鮮明に蘇る。しかし、あの頃の君は、もう此処には居ない。 

あるのは君が残してくれた温もりと、香りだけだ。 

眠れぬ夜が何日も続いた。迫り来る闇に怯えることもあった。然し、

明けぬ夜はないと信じ、今まで必死に、必死に耐え抜いてきた。それでも。

沈み夕日に、俺は何を思うのだろう。あの時にはもう。もどれはしない。

 

というわけで春が来ましたね。行く先も春ですが。

メンヘラなので歌詞つぶやきました。