魔狼の黙示録

天狼の双極に位置する深淵の中。魔狼の隠された姿が眠る処。

あれからのこと、これからのこと


ご無沙汰してました、フェリルです。あれからいろいろな事があって、考えの方もいろいろ変わったので、こちらにそれを書かせていただきます。この趣旨のものはTwitterでは語れないので…


・なぜこうなったか

まず、状況を整理します。あの日オフ会がありました。そのオフ会メンバーの二人が他人に聞かれぬようにコソコソと話していました。移動中でしたし、普通に話す分にはいいのですが、少し距離を置いたり、止まっている時は耳元で話したりと、とにかく普通じゃないなと思いました。オフの主催としては、もう少しオープンにみんなと話してもらいたいなというのが本音でした。それだけならまだ良かったのですが、人数の多さと目的の店の休業を理由に一つの店に入るのを諦め、バラバラで食事を取る決断をしましたが、その時に二人を止めようと声をかけたが無視され、仲の良い二人だっただけに酷く腹が立ちました。そしてその不満をブログに書き綴り、あのような表現となってしまいました。


・その後どうなったか

話を持ちかけた側の人とは一度絶縁しました。しかし、その後の東京オフでフォロー外にもかかわらずオフの内容に何度もツッコミを入れ、地元に帰った後にその事とブログの件をSkypeで話そうという事になり、そのSkype通話で全てを吐き出しました。お互い共に過ちを認め、この話は終わりました。その時に、この記事を書くと約束したものの、なかなか内容が思い浮かばず、かなり時間がかかってしまいました。


・浮かび上がる欠点

この通話から一ヶ月と少し経った頃、また別の元フォロワーさんと話し、そこで自分の欠点について感じたことを教わりました。一つが「謙虚じゃない」。次が「人のプライベートに踏み込みすぎ」という事。このフォロワーさんは、例のブログの件で呆れて離別した人で、説得力があるなと思いました。今回のブログの件も思い返してみれば、プライベート(とは知らなかったものの)に踏み込み過ぎた事が原因です。事実プライベートじゃなければ隠す必要はなかったとは思います。それでも興味が配慮を先行した、これがなければ今回の事も起こらなかったと思います。配慮が足りなかったのは自覚せねばなりません。


・最後に

此度は自身の配慮不足と怒りを押さえられなかったがために多くの人に不愉快な思いをさせてしまった事を深くお詫び申し上げます。本当に、すみませんでした。


・これからどうするか

ブログの件の人とは既に疎遠し、片方は現在も仲良くしています。あの事件以前から関係にヒビが入っていて、この事件で完全に割れてしまい、Skypeによるお互いの意思疎通は終え、こちらとしては思い残す事はもうありません。長く続いたフォロワーさんで、自分のTwitter初期からずっと交流がありました。それの終わりがこんな形になるとは予想はでしませんでした。しかし、盛者必衰という言葉があるように、いつかは終わる関係だったのかなと思うと、無常を感じる節はあります。今ある関係もいつ切れるか分からない…。逆に、喧嘩した事でさらに仲良くなれた「雨降れば地固まる」という例も無きにしも非ずです。三月の東京オフまとめで書きましたが、そのオフでとても気の合う人と出会う事ができ、ちょっと今までとは違う、革命的な出逢いだった気がします。だからこそ、すぐに絶縁するような事にはしたくない。今度こそ、もっと長く続く末長い付き合いを目指したいと心に誓います。



と、たまに真面目な事書くけど、基本このブログ、軽いノリがモットーなので。次回は新コーナー、弐寺日記シリーズの「級位攻略・3級」をお届けします。お楽しみにー!長くなりましたが、今日はこの辺で。