魔狼の黙示録

光り輝く天狼の双極に位置する魔狼の深淵。足を踏み入れし者は魔狼の真の姿を垣間見る。

フェリルのグラブログPt.1 ~光古戦場英雄記~

f:id:wolfloversx:20190222063909p:plain



英雄…才知や武勇などがすぐれ、普通の人には出来ないような事柄を成し遂げる人のことであり、英語では「HERO」と呼ぶ。

 


doa「英雄」

 

予告とぜんぜん違う今回のブログ記事は当ブログでは初となるグラブル関連の記事である。え?昔書いてたじゃんって?あれはソシャゲーとしてのグラブルの見聞を書いただけなので中身についてはほとんど触れていないのでノーカンである。その記事はこちら

iwolferirpt7.hatenadiary.com

 

初回となる今回のグラブル記事は、先日行われた"第43回古戦場"においての英雄の座をかけた闘いの記録である。詳しくは後述するが2019年2月現在、史上最大の英雄ボーダー*1を記録した今回の古戦場はまさに激闘だったといえる。どんな日程で、どんな編成で戦い抜いたのかなど、次回の光古戦場で参考になるかは分からないが私の光属性に賭けた3年間の集大成となった今回の古戦場の記録をここに書き残していこう。

ある程度グラブルに詳しい人向けの記事なので基本的な事は割愛して紹介していく。

 

 

私と光属性

話すと長くなるので手短に。私がグラブルを始めた今から三年前、とあるキャラと出会った。

f:id:wolfloversx:20190222053414p:plain

 

それがこのフェリちゃんである。私のHNにものすごく近い(というか1文字少ないだけ)上にすごく可愛い、この子の出てくるメインシナリオが泣けるとの理由でものすごく気に入ったキャラとなり、ゲームを初めてから最初のサプチケで迎えたキャラでもある。この子の属性は光属性で、当時マグナ?なにそれ状態の超初心者だった私にとってSR方陣攻刃武器のない光属性はものすごくハードルが高かった。しかも当時はシュヴァ剣に交換制限が付けられたりして入手難易度が跳ね上がったのもあって何ヶ月も火力の低さに悩まされた。しかしそれでも最初に引いたSSR石がバアルだったり、光属性のSSRキャラばかり増えていった事から、フェリちゃんを始めとする豊富な光キャラたちを活かし「光で最強の光ヤクザ*2になろう」と志して必死で武器を集め続けた。

マグナの理想編成はシュヴァ剣が6~7本、交換で取れるのはわずか4本(現在は生放送などで拡張されて8本くらい交換できたと思う)なので残りはドロップを狙うしかない。月に2本落ちればいい方というレベルで毎日マグナに通ったりしながらコツコツ集め続けた結果、今から1年前にようやくマグナ理想編成が完成した。私は初心者時代、育成リソースをほぼ光属性に注いだこともあって他属性はランク120時点で未だに天司武器が一つも完成してなかったり、マグナ武器が足りなくてガチャ武器(しかもスキレベ1)を入れていたりとかなり悲惨な状況だった。余談だがこの話は初心者に対して全属性しっかり育成することを勧めるための反面教師エピソードに使えたりする。また、キャラに関してもサプチケやガチャで引き当てたりで徐々に数を増やし、2019年2月現在すべての光恒常SSRをコンプリートし、未所持は季節系4人と十二神将のクビラのみとなっている。

 

英雄を志すきっかけ

私の中で他属性に比べぶっちぎりで強かった光属性。2017年末にリミテッドヴィーラを引いてからは シュヴァ剣の神威による高いHPとソフィアの蘇生などを活かして石マルチ全属性、闇のマルチHL、果てや初開催時のゼノイフに水パが完成してないことを理由に光パで挑み惨敗した苦い経験をバネに、属性耐性を持つゼノ系マルチを全属性光パでソロ討伐したりと行き過ぎた自己顕示をするようになっていった。つまり"力を誇示したい"というフェーズに突入したとも言える。古戦場でもそれは同じで、去年の光有利古戦場でさらなる戦果を上げるため、元いた団を離れて友人の誘いでシード団に入団した。

f:id:wolfloversx:20190222063725p:plain

当時のHELLはテュポーン

ソーン最終解放やオメガ武器が完成してすぐの古戦場だったこともあり当時としては過去最高の2億6600万の貢献度で18189位となった。これまでの古戦場が5000万稼いでいたかどうかというレベルだったのでかなりの大躍進だった。しかしこの程度ではまだ光ヤクザを名乗るには早い、その上シード団だけに周りの団員のレベルも段違いに高かった。この貢献度でも団内6位で、まだまだ上はいると感じたのでさらなる精進をすることにした。この光古戦場直前、新しい光パの芽が芽吹きつつあった。それが「リミテッド武器」である。2017年11月にリミテッドヴィーラを素引きしサティフィケイトを、3月にルシオを天井しエデンを、4月にリミテッドイオを素引きしガンバンテインを入手し、これまで未知の領域だったゼウス編成の可能性が出てきたのだ。さらに長年お世話になったルシフェルを入手し、去年の年末にはエデンとガンバン2本目を入手したことでより一層ゼウス編成への移行が視野に入ってきた。

「エデン2本あればマグナに負けることはない、ならばやるしかない!」ここで脳裏を過った野望、それが「英雄を取る」というものであった。

 

古戦場に向けて

 英雄と言っても簡単なものではない。数十万人の参加者がいるとされる古戦場で1000位以内という頂点を狙う戦いで、直近の闇古戦場においての英雄ボーダーは7億6300万で、かつて光古戦場で出した2億6600万のおよそ3倍近い貢献度が必要だった。いくら古戦場用に仮ゼウス編成を作ったとはいえ日常生活の余る時間を使ったくらいでは到底ムリだと結論づけて、この光古戦場のためにインターバルにのみ仕事をし、他すべての日を休みにするという「時間で殴る戦法」を使うことにした。エデン3本以上持ってるゼウスマンに真っ向から勝負を挑むのは分が悪すぎるためこうせざるを得なかった。ゲーム内で古戦場のために進めた準備としては…

  • ルシフェルを1凸⇒4凸に
  • トール無凸⇒4凸に
  • サティフィケイト、エデン2本目にダマをぶちこみ4凸に
  • サプチケでレヴィオン姉妹を迎える
  • フレ募集掲示板でゼウスフレを25人近く集める
  • 団員に英雄取得の旨を伝え、協力を要請

などなど、これまで数ヶ月進展のなかった光属性の育成を一気に推し進めた。ガンバンに関してはダマ不足で泣く泣く断念した。そのかわり、キャラ自身で確定連撃にできる編成にしたので実質ガンバンがなくてもある程度形にはなったかなとは思った。

 

編成の紹介:肉狩り篇

ここからは今回使用した編成について紹介していこう。まずは肉狩り編成

f:id:wolfloversx:20190222071709p:plain

ジョブはカニック。メインメンバーは水着ノイシュ、フェリちゃん、光クラリスでAT以外でもポンバで奥義を放つパーティとなっている。特にノイシュとフェリちゃんはそれぞれ奥義ダメージと上限を上げるアビリティを持っていて、それらは重複するため二重でかけてクラリスの超威力の奥義を活かす編成である。指輪も重要で、全員奥義上限10%以上アップが付けてある。これが出るまでかなりの指輪が消えたのは言うまでもない…

f:id:wolfloversx:20190222071740p:plain

サブメンバー。特にシルヴァさんは重要で、フルチェインすると60~70万前後の追撃が発生するのでダメージのかさ増しにとても効果的である。エッセルは肉の期待値を上げるための編成なのでレベリングに使っても良いフリースペースである。

f:id:wolfloversx:20190222072308p:plain

 武器編成はこんな感じ。普通のマグナパにエデンや必殺を持つサティフィケイトを刺したもの。私がゼウスを持っていればサティの効果量をさらに上げられたのだが未所持のためこんな編成に。他に光無垢銃などがあり、オメガ銃にすれば奥義上限アップを付けられて更に快適になりそうだが現状未完成(というか手持ちの銀天をルシ最終にすべて使ったため数が足りない)なのでシュヴァ銃で代用した。召喚石に関してはメイン4凸シュヴァマグ、サブに4凸スターで他は適当にステータスが高い石を突っ込んだだけなので割愛。

f:id:wolfloversx:20190222073308p:plain

フレ石はシヴァで非ATだと6ポチ1召喚、ATなら4ポチ1召喚、さらに団バフがある時はミストまたはクラリス2アビのデバフを省略し3ポチ1召喚でEX+の1550万を確定で削り切ることができる。流石にカツオを使った編成にはスピード負けするが、現状の私の編成では全属性中最速である。

 

編成の紹介:HELL篇

ここからが見せ場、今回古戦場に向けて新しく組んだ編成がこちら。

f:id:wolfloversx:20190222074141p:plain

 ジョブはベルセルク。私がこのゲームで一番好きなジョブでもある。理由は…言わなくても分かるよな?このジョブがほしいがために頑張っていた時期があった時期も存在した。メインメンバーはシャルロッテ、アルベール(95、100HELL)、レヴィオン姉妹(90HELLのみ)、ソーンのコテコテの剣パ。思い返せば私の最初期の光パはセルエル、アルベール、フェリちゃんだったのでその頃からあまり変わっていないとも言える。連撃の出にくいソーンをメインのサティフィケイトの奥義効果、確定連撃のシャルロッテ、アルベールでずらしながら奥義を打って加速させてクリティカルバフを可能な限り切らさないように立ち回る編成である。

ここからは各キャラを軽く紹介していこう。

 

シャルロッテ

f:id:wolfloversx:20190222080447p:plain

リュミエール聖騎士団団長シャルロッテの光恒常SSRで、SSRとしては3キャラ目(水恒常、光ハロウィン、光恒常)。今回の古戦場においてのメインアタッカーだったキャラ。

奥義効果

自身に回避カウンター効果(2回)
◆聖騎士Lv5の時自身に光属性追撃効果(1+3T、30%)

1アビ
光ダメ(4倍)+闇属性攻撃DOWN(20%)/命中率DOWN(2T)

2アビ
自身に高揚効果(10%5T)/ダメ無効(2回)

3アビ
ランダム10回光ダメ(1倍×10)/聖騎士効果Lv+2

サポアビ1
聖騎士効果に応じて攻撃UP(別枠20%/Lv5で別枠100%)/ダメ上限UP(3%/Lv5で15%)/連撃率UP(Lv5時にDA100%)/最大Lv5/毎ターン+1、被弾で-2

サポアビ2
ダメ無効が付与されている光キャラの弱体耐性UP(100%)

3アビやターン終了時に独自のバフがついていき、5まで上がった状態で奥義を打つと30%追撃を付与するというキャラだが、恒常でこの別枠強化は破格で、リミテッドのルシオより5倍は強い。さらに2アビでダメ無効を貼って安全に聖騎士レベルを上げ、攻撃デバフで渾身維持に一役買ったりと弱体化もできるアタッカーなのが非常に優秀な点である。リロパン適性や麻痺殴り適正は非常に高く、アビリティをほとんど使わなくても常に減衰+追撃を乗せた連撃を叩き出せる。正直ルシオが光団長より強いポイントが2アビ以外殆ど見当たらないので早く3アビを全体にして、どうぞ。

ルシオが嫌いなんじゃなくて現状唯一天井してる好きなキャラだから強くしてほしいんだ、分かってくれ…

f:id:wolfloversx:20190222084753p:plain

あまりに強いので古戦場開始後に光属性キャラでは初となる久遠の指輪をあげた。全く後悔はしていない。

 

ヴィオン姉妹

f:id:wolfloversx:20190222082844p:plain

アルベールの部下のマイム、ミイム、メイムが三人でプレイアブルになったキャラ。マイムだけはSRで既にキャラ化されていたが妹二人は今回が初。直前のサプチケで私がお迎えしたキャラである。

奥義効果
次のターン必ずTA

1アビ(リンクアビリティ)
全体光ダメ(5倍/防御DOWN(累積10%/上限40%)/自身の光属性攻撃UP(60%)

2アビ(リンクアビリティ)
2回光ダメ(3倍+7倍/気絶効果(1~2T)

3アビ(リンクアビリティ)
味方全体HP回復(上限1500)/弱体効果1つ回復

4アビ
自身が必ずTA/味方全体に光属性追撃効果(20%) ※サポアビ2と加算し35%

サポアビ1
味方全体の闇属性ダメ軽減(10%)

サポアビ2
必ず連撃/TA時光属性追撃効果(15%)

リンクアビリティは現状このキャラのみの仕様で、CTを共有するアビリティである。1~3アビは全部リキャスト3ターンで同時に貯まるのだが、そこで1アビを使うと2、3アビもリキャストが伸び、3ターン後にまた使えるようになるというもの。同時使用できないデメリットはあるがその分効果は強力で、バフデバフ回復まで自在に行える万能キャラとなっている。特に今回の古戦場では3ターンで打てるクリアが役立つ場面があった。また、4アビが特に強力でこれだけは普通のアビリティなので組み合わせて使用できる。またアルベール同様に確定連撃な点も連撃に悩む光パにとっては嬉しいものである。ただしその分アルベール同様に攻撃力が低かったりするので1発辺りのダメージは低め。LBに攻撃強化があるので、指輪とそれらを生かしてカバーするのが良さげである。

 

アルベール(最終解放)

f:id:wolfloversx:20190222085135j:plain

ビリビリおじさんことレヴィオン騎士団団長、忘れてたけど彼も団長なのよね。主人公も団長だしもはや団長パとも言えるな…。古戦場中に最終上限解放が実装され、大幅強化を得た。今回の95HELL、100HELLでは強化されたスロウが大活躍し特殊技を殆ど食らわずに立ち回ることができた。

奥義
自分に光属性追撃効果(1+3T、30%)/雷の裁きを付与

1アビ
単体光/火ダメ(1~1.5倍/1~1.5倍/光属性防御DOWN(10%)

2アビ
全体光ダメ(1.5倍/スロウ効果 ◆雷の裁きを消費し2回発動/必ずTA(1T)

3アビ
次のアビ性能大幅UP(ダメ乗算1000%/上限50%)/自分に帯電効果(1T行動不能)/次のターン進行時攻撃行動を2回行う

4アビ
自身が即座に奥義発動可能/1~3アビ即時使用可能

サポアビ1
自分が帯電状態の時、敵からの被ダメの一部反射(30%)

サポアビ2
必ず連撃

 

元々確定連撃やスロウなどで初心者でも使いやすいキャラだったアルベール。初心者時代はスタメンに入っていたものの現在は攻撃力の低さなどから編成を追い出されてしまっていた。しかし最終が実装され、奥義後の追撃が30%に増えたり、ダブルスロウや二回行動、アビ含めたポンバなどで凄まじい火力を出しながら敵を抑え込むキャラへと進化し、LBが全キャラ中最強クラスなのも含めシャルロッテにも匹敵するアタッカーになったと感じた。LBのサポアビは3アビの帯電でも攻撃できるというもので、★3まで振れば確定で発動するようになるためターンダメージを落とさず立ち回れるのがポイント。

①奥義を打ち雷の裁きと追撃を付与する

②トール召喚し3アビ発動、これで次ターン2回行動確定⇒追撃5割+3割の連撃

③2アビ発動(リキャストが間に合わなければ4アビで即発動可にする)、TA確定⇒シヴァ召喚⇒確定TA二回行動に追撃5割+3割にシヴァが乗り恐ろしいダメージに!

このムーブが気持ちよすぎて今後しばらくスタメンに入れたいキャラである。さらにダブルスロウも奥義後で雷の裁きが付与された状態ならば2アビ(ダブルスロウ)⇒4アビ⇒奥義⇒次ターン再び2アビでダブルスロウというムーブでCT3の敵のCTが貯まりきっていても2ターンで0まで押し戻せるオリヴィエもびっくりのダブルスロウ連発も可能。運用がちょっと複雑になったが理解すれば真の強さを引き出せる良いキャラである。

 

ソーン(最終解放)

f:id:wolfloversx:20190222100755p:plain

一昨年、去年の光古戦場スタメンに引き続き唯一の3年連続起用。それくらいこのキャラは重要である。あと単純にキャラが好き。ソンシル尊い…。長年支えられている光属性のママ的存在。

 

奥義
4ターンの間味方全体のクリティカル確率UP(倍率50%/確率100%)/2ターンの間殲雷の鏑矢効果(消去不可)を付与

1アビ
敵の全ての攻撃を1ターン回避/3ターンの間自身に攻撃力50%UPを付与/3ターンの間アビダメ上限UP

2アビ
敵全体にさまざまな弱体効果を付与(弱体耐性10%DOWN
攻撃力(片面15%)/防御力(片面15%)/連続攻撃確率 DOWN/毒/灼熱/腐敗/睡眠/麻痺/暗闇/魅了/アンデッド/即死(効果時間180秒/麻痺・睡眠のみ3ターン)

3アビ
敵全体に弱体効果の数に応じて大ダメージ/殲雷の鏑矢付与時、確率で60秒の麻痺効果(基本成功率55%)/

4アビ
敵全体に付与されている弱体効果時間延長(+90秒) /敵全体に敵の弱体効果の数に応じた回数ダメージを与える(最大10回/最大で合計約160万)

サポアビ1
通常攻撃が敵全体にダメージを与える/敵の数が少ないほど自分の攻撃力UP

サポアビ2
敵の数が少ないほど弱体成功率UP(1体時10%)

 

他のブログでも散々言われてる通り、ソーンの強みは麻痺である。敵に何もさせないという最強のデバフ故に闇の敵は後半しか麻痺が入らないなど様々な制約がかけられている。今回の古戦場も同様で、90と95HELLは50%から、100HELLは25%からしか麻痺が効かないようになっていた。しかし95HELLのHPは1億3000万、100HELLのHPは2億8800万なので麻痺が入るだけで7000万近いHPの地帯を麻痺殴りで切り抜けられると考えるとかなりのアドバンテージがある。それに加えソーンのもう一つの強みが最終後に奥義に加わる確定クリティカルバフである。これによりマグナでも減衰値までダメージを出せるようになり、ゼウスにおいてもエデン2本では減衰に届かないためその穴を埋めてくれる存在として重宝されている。また、2アビの大量のデバフが後述する虚空剣の運用で非常に役に立つのもポイントである。

スタメンではないが、サブメンバーにも一匹重要なキャラがいるのでそちらも紹介。

f:id:wolfloversx:20190222103444p:plain

マジ半端ねぇサブ性能

直前のイベント「猫島狂詩曲(ミーツェノスラプソディ)」で配布された無属性*3Rキャラ。配布でRというのも相当珍しく、攻撃性能はほとんどないがサブ性能はかなり高い。サポアビが以下の通りで

猫がサブメンバーにいる場合、味方全体の防御5%UP/稀に奥義ゲージ10%UP(発動率約5%)

両方たかが5%と侮るなかれ。後述するサティフィケイトの奥義効果で防御40%アップに加えさらに5%アップし45%になるのだからこれで相当な被ダメ軽減につながるのである。そして奥義ゲージ上昇効果もオメガ武器の乗らないソーンを加速させるには十分効果を発揮する。入れて損はない性能なのである。個人的にアーカルムの賢者はこういった感じでサブに編成すると効果を発揮するサポアビがあったりするのではと考えていたりする。石が現状そうなので…

余談だがこの猫の名前はイベント開始時にKH3が発売したばっかだったのでこの名前にした。あと中の人が山下大輝さんなのでヒロアカの主人公だったりする。なんというか、これから英雄(ヒーロー)になろうとする騎空士達の背中を追いかけていくところに近いものを感じる。

 

武器編成

キャラ紹介がガッツリしすぎたので巻きで行く。

f:id:wolfloversx:20190222075000p:plain

武器編成はこんな感じ。いかにもマグナ⇒ゼウスの過渡期にありがちな編成。この編成の特徴として、シュヴァ剣の神威に加護が効かなくなるのでHPがマグナに比べ1万近く下がるが、クリティカルのかかってない時のダメージ量がマグナより7万近く高かったりと守りを捨てて攻めに特化した編成になったと感じた。やはりエデンの渾身はすごかった。以下、特に重要な武器の紹介。

 

シュヴァリエソード・マグナ

f:id:wolfloversx:20190222104905j:plain

元健常者ソード

みんな大好きシュヴァ剣。事あるごとに生放送で在庫追加されることに定評のある光マグナの中心的装備。かつてこいつの泥率の低さにダマを突っ込んだことがあったり、モチベが低くなってしばらく隠居しようと決め込んだら翌日の生放送でシュヴァ剣在庫が増えて速攻で復帰したなど、私の騎空士人生において最もモチベを左右した武器のひとつ。マグナ枠の方陣神威(守護+攻刃)と通常攻刃である光の攻刃を併せ持つことからゼウス編成でも穴埋めに使われるほどで、マグナ時代に7本作ったが今回の編成では4本装備になった。今後ガンバンなどが完成したら順次席を譲ってもらう武器である。3年間私の光属性を支えてきた無茶苦茶お世話になった、ありがとうシュヴァ剣。

でもこいつがいないとHPやばいんだよなゼウスは…

 

エデン

f:id:wolfloversx:20171011212203j:plain

羽が摺り切れて折れる日まで羽ばたきたい

現在のゼウス編成のキーウェポン。攻刃3と渾身中を併せ持つぶっ壊れ武器で、これが1本増えるごとにシュヴァ剣を増やした時のHPの増加と同じくらい感動的な異次元の火力が味わえる武器。といっても最高4本くらいで留めたほうが良い。そもそもリミテッド武器なので入手難易度は非常に高く、よほどの強運がないと素引きするのは難しい。これが2本以上あったらゼウス始めても後悔しないとは思う。

 

黄龍

f:id:wolfloversx:20190222110525p:plain

ヨンゾウコガネクワガタ

四象降臨で入手できる光EX攻刃武器。EX攻刃は大なのでゼノ武器より効果料は低いのだが、注目すべきは第二スキルの『震天の黄鱗』で、スキレベ15時点で15%の闇属性攻撃カットができる。さらにこの武器は5凸が可能となり、EX攻刃大もスキレベ20ともなれば効果量21%でゼノ武器の23%(SLv15)に肉薄するほどになる。極めつけに第二スキルも強化され17.5%の闇属性カットになる。これがマグナに比べHPの低いゼウス編成の渾身維持に有効に働くというわけだ。もちろんマグナでも使えるが、マグナの場合はメイン装備にゼノコロ剣を持つ方が強く、HPも3万を軽く超えてくるので軽減より火力を優先するほうが良いと思った。

 

虚空の裂剣

f:id:wolfloversx:20190222111452j:plain

攻撃モーションがかっこいい剣

年末に実装されたアーカーシャHLをこなすと手に入る「虚空武器」のひとつ。闇属性の武器だがバハ武器やオメガ武器のように属性を問わないスキルを持っている。虚空剣の第一スキルは「得意武器が剣、短剣のキャラのみかかるEX攻刃20%/弱体成功率10%アップ」、最終解放で取得する第二スキルが「得意武器が剣、短剣のキャラが敵の弱体効果の数に応じて与ダメージ上昇(弱体数×3000加算、合計で3万まで)」というもので、この武器のおかげで得意武器が剣の主人公、シャルロッテ、アルベールのデバフが必中で当たるようになる。特に主人公のミゼラブルミストとアルベールのスロウは重要なので必中が基本である。また、2アビの与ダメアップはソーンが付与する夥しいデバフのおかげで安定して3万火力が上がるというのもとても相性が良い。今回の影のMVP武器。

 

サティフィケイト

f:id:wolfloversx:20171117195933j:plain

スキンはシュヴァ斧です

光属性の欲しかったものを全部持ってる最高のメイン武器。ゼウスもマグナも持ってたらまずこれ作れ!ってくらいのイチオシ武器で、武器スキルは攻刃3と必殺中で奥義を強化してくれるのでここまででもかなり強いのだが、特筆すべきはその奥義効果。4ターンの間味方全体のDATA率30%アップに加えて防御40%アップというもの。あの四天刃より1ターン効果時間が長く、さらに防御アップにより被ダメも軽減できるためベルセルクでメイン装備にした時の安定感は想像以上に上がった。こんなのが弱い訳がない。今回英雄目指すきっかけになったのはこの武器の最終解放が強かったのが大きい。余談だがスキンにしているシュヴァ斧は私がシュヴァマグで一番最初にドロップした武器であり、一番最初のSSRドロップ武器でもあった。それゆえに一時期編成に入れていたこともあったが、今こうしてその武器のスキンを被ったサティを持って大暴れしてると思うと少し感慨深い…気がしない?

オメガ剣はスルーしているが闘争に通常攻撃上限アップのガフスキーを付けているとだけ紹介しておこう。

 

召喚石

f:id:wolfloversx:20190222075549p:plain

召喚石はこの通り。シヴァは1凸でゴブロは3凸、他はすべて4凸である。注目はトールからのシヴァで、50%追撃にシヴァの破壊力が乗っかり、さらに前述のアルベール3アビの再行動等を絡め全員TAを出すと3500万という凄まじいダメージ量になった。火のエッセル砲や風のシエテ砲のような瞬間超火力の必殺技的アビリティを持たない光パにおいての必殺技として運用した。ただしシヴァの召喚にはかなりのターン数がかかるので100HELLくらいのHPがないと打たずに終わる事はよくある。事実95では削りが早すぎて間に合わなかった。ついでにトールは弱体耐性を下げるのでソーンの麻痺を命中させるために大いに貢献した。金剛突っ込んで良かった…スターはほぼ召喚しない置物で、麻痺した時だけTA率を上げる加速要因で使った。ゴブロはトリガースルー目的で25%付近で使っていたがそこまでダメージが痛くなかったので100HELLでペア狩りを始めてからは使わなくなった。ルシフェルはそもそも持ってなかったらこの編成できてないし、ゼウスフレンドを作ることすらできなかったのでこの中で最も重要な石である。初期から現在まで幾度となくフレンドから借りていた、憧れだったルシフェルを今自分がメインで使って戦ってると考えるとエモく…ない?

 

 編成の紹介は以上だ。ここからが本編とも言える古戦場奮闘記である。

 

Day1&2 予選

2月14日、世間はバレンタインデーに湧き立つ中、光古戦場は静かに幕を開けた。英雄を目指す私の長い29時間の肉集めが開始され、一睡もせずに朝昼夕食休憩を取っただけであとはひたすらEX+を倒し続けていた。ただ、流石に何も娯楽がないとこんな作業ゲーやってられないのでアニメをいくつか見ていた。

f:id:wolfloversx:20190223070153j:plain

竜形態も人間形態もかわいいトールちゃん

まず最近二期の決まったメイドラゴンを視聴し、これがまた非常に面白くて好きな作品になった。他は40話近くまで見たアニポケをどんどん見て予選終了時にはリーグ終了くらいまで見終わっていた。こちらもまた幼少期慣れ親しんだ名作なのでいい暇つぶしになった。

と、そんな感じでアニメを見ながらひたすら肉集めをして予選終了時の順位は

f:id:wolfloversx:20190223070508p:plain

977位!見事英雄ボーダーより上にいることができ、予選のみで一億の貢献度を稼ぐことができた。稼いだ肉の数は5200で、団員の英雄経験者曰くこれくらいで足りるとのことで5000程度を目標にしていた。しかしまだ私は知る由もなかった。この程度の肉では足りない激闘が繰り広げられるとは…

 

Day3 INTERVAL

唯一仕事を入れたインターバル。順位が落ちることは大前提だったので空き時間に少し90HELLを周回し貢献度を稼ぎダメージを和らげた。ここで今回の90HELLの紹介をしておこう。

f:id:wolfloversx:20190223071037p:plain

ツクヨミ(HELL90)

HP:約4200万 初期CT:2

『宵の訪れ』(通常、HP75%)
全体に闇属性ダメージ(約2700)
3ターンの間、全体にシャドウ効果を付与
※HP25%以降…敵に弱体耐性UP(3T)追加


『闇夜路の輝輪』(通常、HP50,25%タゲ有時)
ランダムな対象に闇属性多段ダメージ
(1回約900/15回程度)
3ターンの間、単体に虚脱付与
※HP25%以降…敵にDA率UP(2T)追加


『月盤の呪言』(OD、HP50,25%タゲ無時)
全体に闇属性ダメージ(7000、50%時7500、25%時10000)
3ターンの間、全体に防御DOWNを付与
単体にターゲッティング付与

 

HP50/25%時に解放
HP10%で「体勢を立て直した」
(モードゲージリセット)

 

100%~51%まで麻痺無効
通常攻撃の対象が2キャラ

正直すごく弱い。 クリアがあればめんどくさいシャドウ状態*4や虚脱状態はすぐ回復できる上にダメージもかなり小さい。今回ゼウス編成に変えたことでHPがマグナよりだいぶ減ったがほとんどHPを減らすことなく突破できた。また50以降は麻痺が有効になるのでここまでにソーンの奥義を打って麻痺を入れ、あとはひたすら殴るだけなので非常に攻略しやすい敵と言える。1分弱で倒せたが貢献度効率があまり良くないためこの日少し狩ってあとは放置した。ATは再度肉集めをし、5100の肉を持って本戦へ挑むこととなった。

f:id:wolfloversx:20190223072436p:plain

寝る直前の順位。1500位とかなり落ちてしまったがここからが本番なので特には心配していなかった。この日のデイリー貢献度はおよそ2300万

 

Day4 本戦初日

 95HELLが開放され、ついに本戦が開始した。ここからは95HELL狩りをメインにしていくこととなる。一日中走りたいところだったが、この日は祖父の誕生日会があったので昼間はほぼ走れず、朝少し走ってから夕方ごろ本格参戦となった。95HELLの基本情報は以下の通りだ。

f:id:wolfloversx:20190223071037p:plain

ツクヨミ(95HELL)

HP:1億3125万 

『宵の訪れ』(通常、HP75%)
全体に闇属性ダメージ(約2700)
3ターンの間、全体にシャドウ効果を付与
5ターンの間、ツクヨミに弱体耐性UP

 HPが増え、弱体耐性が付いただけで特段変わったことはなかった。強いて言えばディスペルがないとアルベールのスロウが外れるのでそこのケアくらいである。やはり弱く、50%までにシヴァが間に合わない(削りが早すぎてシヴァまであと2~3ターンがデフォ)事も多々あった。50%からは麻痺も入るため、入るとだいたい3分半くらいがアベレージタイムだった。ただし、麻痺もトールを併せて撃っても確定ではないためその時は若干遅くなった。いずれにせよ非常に戦いやすい相手であることに変わりはない。

f:id:wolfloversx:20190225170906p:plain

初日終了時点の順位は1522位で、この時点で既に去年の光古戦場の総貢献度目前に迫っていた。前日からほぼ変動がないように思うが、昼間は2000位近くまで落ちていたためこれでも巻き返した方だ。肉は5100⇒3710で、デイリー貢献度は約1.27億

 

Day5 本戦二日目

ここからは全日完全フリーとなるため、朝7時から本戦終了まで朝昼夕の食事を20分ずつ挟みながらひたすら英雄ボーダー復帰を目指し走り続けた。立ち回りも完全固定化して速度の減少もほぼなく15時間走った結果…

f:id:wolfloversx:20190225172346p:plain

祝!英雄圏内復帰!

英雄圏内に戻ってこれて一安心、といきたいところだが貢献度をよく見てほしい。私は当初肉5500相当で貢献度8億あれば英雄は余裕だろうと高を括っていた。前述の通り前回のボーダーがおよそ7億6300万だったためそう予想したのだが、100HELL解禁前で既に4億近いボーダーとなっており、少々嫌な予感がし始めていた。残りの肉は3710⇒2415で最後のAT1時間は翌日の100HELLのために肉集めをしていた。デイリー貢献度は約1.8億。

 

Day6 本戦三日目

三日目、ここから大きく差が出る「100HELL」が解禁された。

 

f:id:wolfloversx:20190223071037p:plain

ツクヨミ(HELL100)

HP:約2億8875万 初期CT:2

『宵の訪れ』(通常、HP85%、10%)
全体に闇属性ダメージ(約2700)
3ターンの間、全体にシャドウ効果を付与
5ターンの間、ツクヨミに弱体耐性UP


『闇夜路の輝輪』(通常、HP50,25%タゲ有時)
ランダムな対象に闇属性多段ダメージ
(1回約900/15回程度)
3ターンの間、単体に虚脱付与
2ターンの間、ツクヨミにDA率UP

 

100%~26%まで麻痺無効
通常攻撃の対象が2キャラ

 

HPが倍になり、75トリガーの85への移動、10にトリガー追加、麻痺無効が25%からとなったが依然として弱く、サティフィケイトと猫によるほぼ常時45%防御アップと黄龍拳の17.5%闇カットのおかげでトリガー以外ではほとんどHPが削れることはなかった。しかし流石にHPが多いため私の光パでは7分ちょいが限界だった。アベレージは8分を超えるためあまり効率がいいとは言えず、これから二日間ずっと張り付く予定の団員とペアを組み、共に走ることにした。開幕デバフとハルマル、そして後半のシヴァによる加速と共同麻痺チャレなどを協力してもらい、およそ4分半~5分ほどで狩れるようになった。前日まで肉が最終日まで持つか少し不安だったがペア狩りならあまり減らないのでなんとかやっていけそうだと思っていた。

f:id:wolfloversx:20190225200814p:plain

三日目終了時の順位。日終わりの順位では全日程中最高順位だった。デイリー貢献度は2億2800万で、肉はペア狩りの甲斐あり2415⇒1500とかなり消費を抑えることができた。いよいよ最終日がやってくる。英雄を取るための最後の戦いへ向けてドキドキしながら眠りに落ちた。

 

Day7 本戦最終日

 ついにやってきた本戦最終日、今日の頑張りで英雄が決まる…朝7時から昨日の団員と共に走りはじめた。しかしこの日のボーダーの上がり方が異常で、

 なんと時速1700万ペースでボーダーが上がり続ける一時も気が抜けない戦いとなった。気がついたら前回の英雄ボーダーを大きく上回り、伸び続けるボーダーに抜かれないように必死で走り、22時半頃にはお互い1500近かった肉を全部消費した。そこからは別の団員にペアをお願いし、ラストスパートをかけた。その団員の肉が尽きるとまた別の団員が、皆が肉ストックの切れた私の英雄取得をサポートしてくれた。わざわざゲーム内のチャットで応援してくれた方もいて、すごく嬉しかったし励みになった。限界を超えた闘いの果てに、ついに本戦は終了。結果は…

f:id:wolfloversx:20190225202131p:plain

勝ち取った栄光

前回光古戦場のおよそ3.6倍近い9億5100万の貢献度を稼ぎ、 931位(くさいって言うな)で見事英雄を勝ち取ることができた。間違いなくこの一週間が過去最高にグラブルに熱中していたと言っても過言ではないだろう。いつからか目標にしていた英雄称号をついに手に入れ、これで私の光パの強さを全空に轟かせる事ができたと思っている。なお、最終日のデイリー貢献度は2,93億で去年の光古戦場の総貢献度を一日で超えていた。

今はただ、自分と同じ団の同時に英雄を取った団員に称賛を送りたい。まだまだ光パは強くなれる。さらなる力を手に入れたら今度はアルバハHLソロなどを目指してもいいかもしれない。フェリちゃんに誓った光パで最強になるという誓いはまだ道半ばなのだから…。

 

あとがき

改めてすっごく頭悪い方法でゴリ押ししたなと感じた。ツクヨミがあまりに弱すぎた事もあってか、今回の英雄ボーダーは9億4000万と史上最高を記録した。肉5000では全く足りない想定の範囲外の戦いになったが、団員の協力でなんとかなったという印象が強い。また、ペア狩りをする団員とその連携も非常に重要であったと再認識した。英雄こそ取れたものの、最終日のデイリー貢献度が英雄ボーダーの伸び幅約3億にギリ届いていないわけなので、前日までの貯金がなければ危なかったのは事実。未完成ゼウスだったこともあってまだまだ上はたくさんいる。そう痛感した場面も多々あった。ポジティブシンキングすれば、まだ伸びしろがあるということなので、さらなる高みへと行ってみたい。3年間お世話になったマグナ編成の最後の戦いであり、これからお世話になるゼウス編成の最初の戦いとなった今回の古戦場。次回ではどんな環境になっているか分からないが、今より格段に強くなった光パを携えて団を勝利に導くような騎空士になっていたらいいなと思った。英雄取得を目指した今回の古戦場は、辛かったこともあったけど今までの古戦場で一番楽しかったと胸を張って言える。そんな古戦場だった。

 

f:id:wolfloversx:20190225204144p:plain

ハデス「英雄記念の金剛だ、受け取れ」

 


【BEMANI】Be a Hero! Long ver.

 

最後にアガる曲でも貼って筆を擱くとしよう。いろいろ言われてるけどこの曲好き。

 

f:id:wolfloversx:20190225204111p:plain

未来のスタメン、古戦場中に現る

次回のグラブログは…未定。光以外はエアプなので光編成のことしか書かないと思う。書きたいことが見つかるまで、気長に待ってもらえれば光栄だ。

*1:1000位の貢献度、英雄の下限値

*2:当時風パが強くてどこでも風で行く人のことを風ヤクザと読んでいたためそれを真似たもの

*3:編成すると主人公と同じ属性になるキャラ、ルリアなどが該当

*4:稀に攻撃行動を制限される状態